ケンブリッジ飛鳥、男子100mを制す。リオ五輪代表で9秒代なるか?

スポンサーリンク

男子100mの激戦を制したケンブリッジ飛鳥の強さの秘密と9秒台の可能性

「日本最速」を決める戦い。今年は五輪トライアル。8人の選手たちが放つ独自の緊張感は、パロマ瑞穂スタジアムに集まった2万3500人を超える観衆にも届いたはずだ。小雨が降る中、カクテル光線に照らされたスプリンターたちはまぶしく映った。

日本選手権100m決勝は、静寂の後に大歓声がこだました。山縣亮太(24、セイコーホールディングスAC)か、それとも桐生祥秀(20、東洋大)か。序盤はV候補ふたりが飛び出した。50mでは山縣がリードを奪う。しかし、ここからダークーホース的存在だったケンブリッジ飛鳥(23、ドーム)が猛追した。桐生をかわすと、ゴール直前には山縣を逆転。向かい風に「9秒台」は阻まれものの、史上最高レベルの戦いをケンブリッジが10秒16(-0.3)で制した。2位は山縣で10秒17、3位は桐生で10秒31だった。

五輪参加標準記録「10秒16」に到達して、優勝を果たしたケンブリッジはリオ五輪代表が内定。派遣設定記録「10秒01」を突破している桐生も「8位以内」に入ったため、代表が内定した。山縣は内定こそでなかったが、日本選手権終了時の選考基準「参加標準記録+日本選手権3位以内」という条件をクリアしており、代表入りは濃厚だ。


今回の日本選手権は「山縣vs桐生」の対決に注目が集まっていたが、その裏で社会人1年目、23歳のケンブリッジも急成長を遂げていた。

ジャマイカ人の父と日本人の母を持つケンブリッジは、2歳のときにジャマイカから来日。中学から陸上競技を始めて、東京高校3年時のインターハイでは、100mで3位、200mで4位、2走を務めた4×100mリレーで優勝している。同年の日本ジュニアで200mを制すなど、高校時代は「200mの方が得意」だった。

このニュースに対するみんなの声

・ちゃんと優勝した人を、こうして紹介して頂けると納得。
 桐生、桐生って言うと、こうした有望な選手や桐生本人にも良くない。

・ケンブリッジ飛鳥って、どっちが苗字でどっちが名前なん

やっぱりイケメンが強かった。

・桐生よりケンブリッジ飛鳥の方が9秒台だせる感じがする。
 身体をみても桐生は硬くケンブリッジ飛鳥は柔らい感じがする。

・ケンブリッジさんは華がある。100mを見る気になるよ。

しかし男前やな〜

・ケンブリッジには頑張って欲しい。
 同時に純粋な黄色人種の9秒台も頑張って欲しい。

リレーが楽しみになってきた~~

・9秒台だしてほしいね。

・名前も凄いが実力も凄い。

・東京オリンピックでは、ハーフの2人が9秒代出そう

・最初見たときモデルかと思った
 五輪でそこそこ結果出せば世界的な人気になるかも

・ケンブリッジ飛鳥の伸びしろはまだまだあると思う。
 9秒台期待しています!

ゴール前の美しいスーッと伸びる走りを見せつけられると、悲しいかな結局日本人体型では短距離で勝てる気がしない。

・素人が見ても一番伸びしろがありそう。

・オリンピックのリレーは普通に走ればかなり上位にいけるはず。
 メダルも狙える。

・これで名前がタナカマサオとかだったらおかしいね。
 ケンブリッジ飛鳥って出来すぎた名前だ!

・9秒台どころか、オリンピックの決勝さえ行けそう。

・強さが際立っていたような走りだった。
 これからどれくらい、成長するのかが楽しみだ。

・やはり身体が違うのか…。

・スタートであんだけ差がついたのに追い込みが凄いんですけど。

秘密がどこにあるかって? 見たまんまでしょ

・今後の試合での結果が全て、プレッシャーの中でどれだけ走れるかが大事だ、楽しみでも有るが。

・どの競技でも、ハーフが出てきて活躍している。遺伝子の問題かな

・日本人離れした身体能力ですわ

・ハーフが、日本的努力すると、そりゃ強いわ。。

・陸上詳しくないけど、TVでこの人の後ろ姿だけを初めて見たときめっちゃかっこ良かった!

・桐生は大事な時に力を発揮出来ないのは集中力足らないんだな。9秒なんてレベルじゃない。
 ケンブリッジの方が調整をしっかりしてる。プロ。

・3人ともに本当に調子が良くて色んな条件が決まった時にしか良いタイムがでないのが世界の強豪との違いですよね。
 余力を残して予選走れるくらいの人が出てきてほしい。

・ケンブリッジはもっと早くなりそう。関係無いけどかなり男前だな、桐生をブッチギリ。

・予選しか見てないけど、後半の伸びがこれまでの日本人選手とは違う。凄く期待してしまう。

・桐生くんは結局公認9秒台は出せないまま終わりそうだな。。。

・リオデジャネイロ五輪の代表に決まったケンブリッジは、9秒台を目指して頑張って下さい。

つーか、いままで桐生はこんな怪物にも勝っていたわけで・・・2人で切磋琢磨して頑張れ!

・身体が違うわ 特にケツ
 あのプリッと上がったケツはアジア人には無理
 腹筋やふくらはぎは鍛えればなんとかなるがケツの差で敵わない

・最近こういうハーフの人がんばってるなぁ!
 もって生まれたポテンシャルが違うのかなぁ?もちろん本人の努力もあるでしょうが。

・逆に言えば日本人に有望な選手があまりいないということでしょう。

・ハーバード小杉とかマサチューセッツ鈴木とかでてきそう

・あんまり、騒がないで欲しい様な?
 天狗も、怖いし。挫折も怖いし。
 何より、普段通りが出来なくて怪我が一番怖い様に思う。

・ケンブリッジ飛鳥は、ジャマイカの血が入っているのにしては遅い。
 日本人二人の努力の方がすごいといえる、純粋な日本の血だけで頑張っているのだ。

・タイム的には?が付くが おめでとう。
 9秒台を目指すには 体重が最低80キロは欲しい、世界のアスリートと肩を並べると 矢張り軽い。
 9秒台の風圧には 体重は欠かせない要素だ。

・ケンブリッジは、ボルトやカール・ルイスのように後半に伸びるタイプの選手なので、いつかは200mにも本格的にチャレンジしてほしい。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>