オバマ大統領の広島訪問とスピーチ、その勇気に絶賛の声が広がる。

スポンサーリンク

オバマ大統領広島訪問 およそ17分に及ぶ、歴史的なスピーチ

現職のアメリカ大統領として初めて、オバマ大統領が広島を訪れた。
平和公園を訪れ、原爆慰霊碑に向かう、オバマ大統領。
安倍首相と言葉を交わしながら歩いている時の厳しい表情からは、決意のようなものがうかがえる。
そして、初めて現職のアメリカ大統領が、原爆慰霊碑の前に立った。
原爆の犠牲者たちに、花をささげた大統領は、スピーチを行った。


オバマ大統領は

「よく晴れた雲のない朝。空から、『死』が舞い降り、世界が変わってしまいました。
 閃光(せんこう)と炎の壁によって、町が破壊されました。
 わが国のような、核保有国も、恐怖の論理から逃れ、『核兵器のない世界』を追い求める勇気を持たなければなりません。
 私が生きている間には、この目標は達成できないかもしれません。
 しかし、たゆまぬ努力で、迫り来る大惨事の雲を晴らすことができます」

と述べた。
オバマ大統領は、被爆者も見守る中、彼らが71年前に失った、かけがえのない日常に言及した。

オバマ大統領は

「だからこそ、私たちは、広島に来るのです。
 そして、自分の愛する人々に、思いをはせるのです。
 朝一番の子どもたちの笑顔。
 愛する人と食卓を囲む、安らぎのひととき。
 両親からの抱擁。
 そのかけがえのない瞬間が、71年前のこの場所にもあったのだと思い知らされます。
 人々は、戦争を望んでいません。
 科学の力を、人々の生活を消し去るためではなく、向上させるために使ってほしいと思っています。
 各国のリーダーたちが、その選択をしたときに、広島の教訓を生かすことができます。
 きょう、この町の子どもたちは、1日を平和に過ごしています。尊く価値あるものです。
 そして、それは、全ての子どもたちに与えられるべきもので、それは、わたしたちが選択できる未来です。
 広島・長崎は、未来にわたって、核兵器の夜明けではなく、道徳的覚醒の始まりとして、記憶されるでしょう」

と述べた。


オバマ大統領のスピーチは、当初、数分とみられていたが、およそ17分に及んだ。
歴史的なスピーチは、まだ未明のアメリカでも、生中継で伝えられた。
安倍首相の演説後、被爆者代表の坪井 直さんと言葉を交わした大統領は、広島に来てから初めて笑顔を見せた。


坪井さんは、どんな話をしたのか。
坪井さんは

「人類の幸せは、未来志向がどうなるかによって(変わる)。そんな話をしたんですよ。
 その時に、チェコのプラハでやった、あなたの『核兵器のない世界を作ろう』。
 そのことはね、今もわたしに脈打っていますよと。
 だから、あなたが、(来年の)1月に辞められても、広島へ来てくださいは言いましたよ。
 まだ、頑張らないといけません。われわれもね、被爆者団体も、一緒にね」

と話した。


また、自らも被爆者で、被爆したアメリカ兵の調査を行ってきた森 重昭さんとは、抱擁を交わす場面もあった。
原爆資料館での視察の様子は公開されなかったが、大統領自らが折った折り鶴を、小中学生に手渡していたことがわかった。

また、次のような言葉も残していた。
記帳には、「われわれは、戦争の苦痛を知っている。今、われわれと共に平和を広め、核兵器のない世界を追求する勇気を見つけよう」とあった。

オバマ大統領が、平和公園に滞在したのは、わずか1時間足らず。
しかし、それは、核兵器のない世界へ向け、大きな1歩を踏み出した、歴史的な瞬間だった。

このニュースに対するみんなの声

なぜだろう、涙が出た。

・現職大統領としてはここに至るまで大変な決断だったと思う。
 在職最後の仕事だろうか。

・大統領ではなく、一人の人間としてのオバマ氏だったならもっと被爆者に伝えたい言葉はあったであろう。
 そんなしがらみだらけの立場で広島を訪問したのは素晴らしいと思う。

・賛否両論あるかと思いますが、現職のアメリカ大統領の広島訪問は、非常に意味のある未来に繋がる訪問であったように思います。

・安倍さんの戦後70年談話より感動的だった。

・これでいいのだ、最高の映像だ!加害者・被害者は先に進む、それでいいのだ。屁理屈は無用。

未来志向でいい演説だった。

・良いスピーチだったな〜
 立場上、謝罪は出来ないだろうけど気持ちは伝わってきた。

・これまでの70年、被爆者の葛藤があった証です。

・色々あると思いますが。現役のアメリカ大統領が広島に訪問してくれたこと、本当に嬉しかったです。

・救われた心があるということが大切だと思う

・被爆者の方々の緊張した面持ちと、握手の時の涙目と、セレモニーの後の、ほころんだ笑顔が印象的でした。
 広島長崎のピカで永眠してしまった全ての御霊も、どれだけ癒された事かと、感動しました。

・今日は歴史に残る

・アメリカは凄い人を大統領に選んだね
 アメリカはもっともっと誇りに思っていいと思う

・俺は被爆者とか2世とかじゃないけど
 あのシーンを見たときは思わずぐっときたわ

・学校の教科書とかに載せてもいいくらいの出来事じゃないかな。感動しました。

・よかった。もういいよね、天国のじいちゃん。

やっと戦争が終わった気がした。

・トランプはこういうことはしないだろうよ。

・ノーベル賞に匹敵するぐらいの決断だと思う。そのぐらい勇気が必要だったと思う。

・あんまりガチャガチャいうと、どこかの国みたいになるし別にそんなに騒がない方が良いんじゃない?とか思ってた自分が恥ずかしい。
 なんだか涙が出た。

・アメリカの現職大統領が広島へ来たという事実が大事であり、それを実現したバラク・オバマというアメリカ人を忘れる事は無いと思う

・ライブでオバマさんのスピーチを同時通訳で聴くといまいち話が入って来なかったんだけど、夜のニュースで字幕で良い事いってますね。

・敬意には感謝で。素晴らしい対応だったと感じました。

・これがパフォーマンスで終わらないようにしてほしい
 それがみんなの祈りだと思う

すごい歴史的なことが起きたと思う!

・未来の核廃絶のために広島に来て下さって、ありがとうございました

・何とも言えなかった感無量です。
 最後の大仕事でしょう。

・被爆者の方のいろいろな思いはあるとおもいますが、オバマさんの表情を見て、私の心には響くものがあり素直に感動しました。

・核なき世界を作るのは凄く難しいと思うが、世界が平和になることを願います

・言葉以上に通じるものがある。

・抱き合った場面には感動した 被爆した人や地域の人が感謝するとかありがとうと言ってる事に寛大さを感じました

一言でも言葉を誤れば‥という立場の中、よく決断してくれたと思う。

・心と心が通じ合った瞬間、感動しました。

・ひとつの区切り。
 未来に続く人たちが幸せでありますように。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>