携帯電話の新料金プラン「わかりにくい」、総務省会合で。docomoもauもソフトバンク結託で負担減らす気なし?

スポンサーリンク

携帯電話の新料金「わかりにくい」指摘相次ぐ、総務省会合

総務省の有識者会議は26日、スマートフォン料金の負担軽減に向けた携帯電話会社の取り組みを確認する会合を開き、NTTドコモ<9437.T>、KDDI(au)<9433.T>、ソフトバンク<9984.T>は新料金プランや2年契約の見直しなど「実績」をアピールしたが、出席者からは「わかりにくい」との声が聞かれた。

総務省は昨年12月、大手3社に対して、スマホ料金の負担軽減や端末販売の適正化に向けた取り組みを要請。
これを受けて、3社はデータ通信をあまり利用しない人向けのプランや長期利用者優遇策などを相次いで発表した。

ただ、たとえば2年ごとの契約更新期間以外に解約すると違約金がかかるいわゆる「2年縛り」については、違約金がかからない新プランを発表したものの、auとソフトバンクは月額基本料を300円上乗せしたため、一定期間を過ぎると旧プランで違約金を支払った方が得となり、新プランの導入意義を疑問視する声も出ている。


全国地域婦人団体連絡協議会事務局長の長田三紀氏は「まったく納得できない」と批判。主婦連合会の木村たま代氏も「2年後にどういう使い方をしているか分かっている人はそれほどいない。混乱を招く」と述べ、わかりやすい説明を求めた。

一方、野村総合研究所プリンシパルの北俊一氏は、総務省の要請でいったんは鳴りを潜めた「実質ゼロ円以下」の端末販売が一部で復活していることを痛烈に批判した。

このニュースに対するみんなの声

・保険と携帯は昔っからわかりにくい

・最近スマホのプラン変更したけど理解するまで時間がかった。
 パンプ見ても理解出来る人少ないだろうなって思ってたよ。

・わかりにくいし価格も下がった実感がまるでない

・携帯会社が損しないようにあえて分かりづらくしています。

・有識者でなくても考えつくよ。
 総務省ってそんなにレベル低い?

分かりづらいのは、当たり前。
 ユーザーにメリットが発生しないことを、詳細に分かりやすく説明するワケが無い。
 携帯三社に、善意・良心を期待するのは、無駄。

・総務省が現状理解してないのが悪い。0円携帯は問題ないから。

・電力の発送電分離のように、キャリアに端末販売禁止させて電波の管理に専念されせばいいやろ。
 端末は家電のように各メーカーが製造し量販店で販売した方が総額では安くなるし、キャリアも本当に消費者視点でのサービス考えざるを得ないやろ。

値下げを、支持されたのに誤魔化しながら値上げしてるからじゃないか。
 分かりにくいじゃなく分からないんだよ。

・ソフトバンクの機種料金(月々割適用後)を見てきたが、MNPが一番安く、新規・機種変更が同額でバカ高い。
 相変わらずあり得ない

分かりにくくしないとボッタくれないだろうが!
 携帯も保険も毎月分配投信も、
 分かり易い事を如何に分かりにくくしてボッタくるかが勝負ですから!

・うちの母はガラケーで、電話とメールしか使わないのに、契約するときにパケ放題にされてたよ。

・> 「実質ゼロ円以下」の端末販売が一部で復活していることを痛烈に批判した。
 なんで批判してんのおたくら

携帯の無い世の中のが、幸せだった

・わざと解りにくくして、毎月自動集金。詐欺みたいな商売はやめましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>