STAP細胞の小保方氏、2年の沈黙を破り騒動後初の正式インタビュー。瀬戸内寂聴と。

スポンサーリンク

小保方氏、2年の沈黙破る「本当に殺されると思った」 「婦人公論」で瀬戸内寂聴氏との対談

STAP騒動をめぐる騒動で理化学研究所を退職した小保方晴子氏(32)が24日発売の「婦人公論」(6月14日号)で2年間の沈黙を破り、騒動後、初の正式インタビューに応じた。
瀬戸内寂聴氏との対談形式で、「男性からの攻撃はものすごく暴力的で、本当に殺されると思いました」などと心境を吐露した。

対談は寂聴氏が4月26日号の同誌に掲載した連載の中で、小保方氏にあてた手紙を書いたことがきっかけで実現。
4月に京都で行われ、「STAP細胞は、ありまーす」と涙で訴えた14年4月9日の会見以来となる近影も5点掲載。
14年4月の会見同様、ティッシュ(会見では白いハンカチ)を目の下に添え、涙をぬぐう写真もある。


小保方氏は白いレースのミニワンピース、白い靴姿。丸い襟には刺繍が、ヒザ上10センチ以上のミニワンピースはハイウエストと、随所に“らしさ”が出たファッションでの“グラビア”的写真も掲載されている。

騒動の4カ月後の14年8月に自殺したSTAP細胞論文の共同執筆者だった笹井芳樹氏(理研CDB副センター長)について、今年1月発売の手記「あの日」でほとんど触れていないが、「書けなかったですね」と一言。

一方、同じく共著者で14年6月に記者会見し「STAP細胞があることを示す証拠はなかった」との見方を示した理研チームリーダー(当時)の若山照彦山梨大教授については手記で批判しているが、「人が変わるのか、もともとそうだったのを見抜けなかったのか」と話した。

このニュースに対するみんなの声

・瀬戸内さん 昔は嫌いじゃなかったんですが、最近おかしくなってきていませんか。

・この人は一体何屋さんになりたいのでしょうか
 研究者らしく淡々と理詰めで訴えればいいのに、姿や立ち振る舞い、さらに感情論をみるにつけ、研究者とはかけ離れた印象に違和感を覚えます

・小保方さんが絶妙にずるいと思うのは、あれだけ再現できなかったのに一方的に本の中で「絶対にある。」と言い続けたりするところだ。

対談する暇あったら、200回成功させたSTAPを作れば?

・しかし、相変わらずTPOを考えない服装。

・対談するのは良いが、 人を一人死なせておいて被害者ぶるのはやめた方がいいんじゃないか?

・個人的には、もうメディアに出て来て欲しくないと思う

・男性の? この内容は、男女の話ではないでしょうに、、、
 何て事はない、本当なら、アメリカの恩師の下で、stap細胞の存在を正々堂々と証明すれば良いことでは?

・なまぐさ尼との対談

・「男性から攻撃された」って話のすり替えじゃないか。

・stap細胞を自分でもう一度作ればいい話じゃない?

・よりによってこのタイミングで…瀬戸内さんというより、これも出版社の企み?婦人公論、文春と違うと思っていたけど…。

・顔に似合わず、図太いね、この人、何でも語るのは自由だけど、実験、成功して、証明してから、もの言えば。

もう笹井さんの事なんて忘れた感じですね。

・この人、なにしに出てくるんだろう?
 この人を取り上げる報道もすごいけど、出てくる本人もすごいと思う。

・32にしてこういう服装を選ぶところが、ずれていると思う。一事が万事。

・時間が解決してくれた。と思ったのかな?

・科学者は科学で証明する以外に道がない。まだわかんないの?

・この人のために「人生を狂わされた人」や「本当に殺された(自殺ですが…)人」もいると言うのに…。
 本人は「本当に殺されると思った」ってねぇ…

・寂聴さんが最近片寄った活動をしている
 なんか、あったのか?

・200回も成功したという割に一度も成功してない。
 おまけに海外で成功と言われて、のうのうと出てくる始末。

・この人、いつも被害者然としてるよね。そんなとこが嫌われてるのにね。

・男性からの攻撃ってなに?

・アメリカやドイツからお呼びがかかっているらしいですが、
 もしSTAP細胞があるというのを実証したいのであれば、喜んで飛んでいくと思うんですが。

小保方さん関連のニュースって、こんなのばかりだな。
 そろそろ、科学者らしい態度を示してくれ。

・誰もが思うのは、「沈黙を破る」場所が違うんじゃない? という事だろうな。

・本でも真相話してないし、それだけ騒がれる事をしたわけだし、もう慎ましく生活したらいいと思う。騒がれたいのかな?

・みんなが知りたいのはただひとつでは?
 何故再現出来なかったのですか?

・実名公表した方が事実がわかる。抽象的だと話に信憑性がないのでは。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>