将棋・羽生善治名人と人工知能の対戦がついに実現!? 第2期電王戦に羽生名人が参戦

スポンサーリンク

羽生善治名人と人工知能が対戦か 来年5月に「第2期電王戦」開催

ドワンゴは5月22日、将棋のトップ棋士である羽生善治名人が“最強将棋ソフト”に挑む人類代表決定トーナメント「叡王戦」に出場すると発表した
優勝すれば来年5月に開催される「第2期電王戦」でコンピュータと対戦することになる。

なお、22日に行われた第1期電王戦は最強将棋ソフトの「Ponanza」(開発者:山本一成・下山晃)が山崎隆之叡王に完勝する結果となった。

このニュースに対するみんなの声

対局を見たい気もするけど、羽生さんが電脳に負ける所は見たくない。

・これ羽生さん途中で負ける可能性も十分あるよね

・!!
 見てみたいけど、、やっぱまだ見たくない。。

・羽生さんが負けると
 もう人類は勝てないかもな~。

・仮に出れてAIに勝ったとしたらそれはそれで凄いと思う
 今やバグみたいなのでしか勝てない時代だし

・羽生さんが純粋な意味で挑戦者の立場になるのは久しくなかったことなんじゃないかな。
 ソフトと戦う立場になるまでも簡単ではないけれどとても楽しみです!

・嫌だな。勝てば良いが…
 負けても言い訳はしないと思うけど 負けるの見たくはないな。

・予選から勝ち上がっていかないといけないわけだから、ソフトと対戦できるとは限らないってことだね。
 (もちろん今回の出場棋士を見ると、最有力候補ではあるんだろうけど)

・誤作動を起こすような手を出さないと勝つのは難しいかも知れない、、。でも 楽しみ

・「羽生さんでも負けるかも知れない」って状態で見るからまだ将棋ファンは心にゆとりが持てるよね
 囲碁の時は「絶対負けるわけがない」ぐらいだったから、プロ棋士ですら言葉失うぐらいの衝撃だった

・今年も名人を防衛すれば、名人戦7番勝負の真っ只中でコッチを戦うことになる。
 事前準備が大変そうなのに、大丈夫なのかな。

・なんたってタイトル獲得数94期+棋戦優勝44回のモンスターだし、勝ち上がる可能性はけっこう高い…。

勝ってほしいのは羽生さん。でも勝つと思うのはコンピューター(悲)

・本人は競技者として純粋にやってみたいんだろうなあ…
 でも、負ける姿は見たくないし、正直やって欲しくないなあ
 それくらいAIは強いと思う

・なかなか叡王にはなれないかもだが、棋界が囲碁同様やっと動いたみたいだな。

・見たくない気持ちと見たい気持ちがあるが、間違いなく、観るだろう

・一番のハンデは体力と疲労だと思う。

・20代~30代の頃の羽生さんなら無敵だったでしょうが、今はかなり衰えてきたから、厳しいかも。
 最近の対局を見ていたら、時々羽生さんらしくない負け方をすることが多くなった。

・羽生さんより渡辺さんのほうが勝てそうな気もする

・そんな先なの?
 でも私はコンピュータに勝ってほしい。

・ついにトップ棋士がコンピューターと対戦!
 これは絶対に観たいけど、いくら羽生さんでも負けるかもしれないから、複雑な気持ち…。

・今やらないと興行的に成り立たなくなる。
 今ならまだ人間側が勝てるかも?って希望が持てるギリギリの時期だから。
 予選抜きで羽生さんにやってほしいよ。

・これは是非見たい。人類最強を期待してます。

・ついにきたか。
 挑戦を受ける勇気にも受け入れる協会にも拍手したいが正直な話、勝てない気がする。
 山崎叡王との対局見てて思ったわ、演算処理の進歩が異常

もしAIが勝ったら、一つの時代が終わって、一つの時代が始まるね。

・凄く楽しみではあるけれど、見るのが怖くもある・・・。
 でも、やるなら、今(来年)なんだろうな。
 この前のNHKスペシャルの様子からすると、やっぱり「AlphaGo」の存在が影響しているのだろうか。

・なんか羽生さんなら勝てるな気がする。
 やっぱり人間はすごいってオチが待ってる気がする。
 あっけなくやられるところはみたくないなぁ。

・いやいや、なんで、予選から?
 いきなり、直接対決あるのみですよ。最終ですからね。


<管理人一言コメント>

トップ棋士の参戦に、驚きよりも「負けてほしくない」という意見が目立ちました。
でもコンピュータの演算処理は人間を遥かに上回るからか、勝てないのでは・・・という思いは皆持っているようです。

もしこの対局が実現したら。
結果はともかく楽しみではありますね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>