三菱に続き、スズキでも燃費不正測定が発覚。全車種210万台、ワゴンRやハスラーなど

スポンサーリンク

「おいおいスズキもかよ」全車種210万台で燃費不正測定 鈴木修会長、進退質問に「いまは控えさせてほしい」

三菱自動車工業で発覚した燃費データの不正問題が、今度はスズキが製造する軽自動車「ワゴンR」や「アルト」、「ハスラー」や登録車の「ソリオ」などの16車種で発覚した。

三菱自の燃費データ不正問題を受けて、国土交通省は他の自動車メーカーに対しても同様の不正がないかを報告するよう求めていた。スズキの鈴木修会長(86)は2016年5月18日夕、国交省に社内での内部調査の結果を報告した。


■燃費の修正はなく、生産・販売を続ける

記者会見場となった国交省は、押しかけた報道陣でごった返していた。

スズキの説明によると、これまで国交省に申請していた測定方法は、国の定める「惰行法」と呼ばれる実測データではなく、タイヤやブレーキ、トランスミッションなどの装置ごとの転がり抵抗の実測値や風洞試験装置での空気抵抗の実測値を積み上げた「走行抵抗値」を使っていた。

鈴木修会長は、「結果として定められた当時の測定方法を用いていなかったことについて、深くお詫び申し上げたいと思います」と、神妙な面持ちで深々と頭を下げた。

スズキによると、社内で燃費改ざんの有無や燃費性能を算出する際のデータの測定方法が国の定める「惰行法」に適合しているかを調査した過程で、測定方法に不備があることがわかったとしている。

対象となる車種は、2010年以降に販売した16車種で、合わせて210万台にのぼる。
本田治副社長も、「みんな(他の自動車メーカー)がきちんと守ってきた測定方法を守れなかった。大変申し訳ありませんでした」などと陳謝した。


ただ、燃費性能を実際よりも良く見せかけるデータの改ざん行為は否定。鈴木会長は「違法性は認識していなかった」と強調した。

データ不正の原因については、申告走行試験を行う相良テストコース(静岡県牧之原市)が海に近く、丘の上にあることから風の影響を著しく受けるなど、「天候に左右されるため試験が困難だった」ことが背景にあるとみている。

スズキは、低燃費技術の向上に伴う転がり抵抗の低下や車体の軽量化で、風による影響を受けやすくなってきており、測定結果のばらつきが大きくなる傾向にあるため、「データを取得するためには何度も繰り返して測定する必要があった」と説明。
本田副社長は、「不安定な作業の中で、より効率的に的確なデータを得たかった。燃費性能を上げたいとの意図はなかった」と語った。

また、燃費性能への影響は「実測値の上下5%程度だった」(本田副社長)と話し、16車種のすべての申請値が国の定める惰行法による実測値との「誤差の範囲内」であることを確認。
それを理由に、国交省に対する申請値も修正しない方針。
ユーザーに対しても、「販売時のカタログに表示している値と違いはなく、引き続き安心してお乗りいただきたい」と話している。
排出ガス性能も、保安基準に適合しているという。

スズキは今後も、16車種の生産・販売を続けていく。

このニュースに対するみんなの声

・これだけ複数のメーカーが好き放題にサバ読めるって
 そもそも検査基準がザル法なのでは?

というか、国産車でカタログ燃費どおりのクルマってあるのか

・こういう検査は第三者機構がしたほうが良い気がする

・この燃費偽装の件では、三菱、スズキも悪いけど、一番悪いのは国交相だからね。
 そこ間違えたらダメだよ!

・全メーカーの検査が行われない限り、消費者は納得しないぞ。

・他メーカーの報告も調査ください。

全メーカー同じコースで測定しない限り数値なんてどうにでもなっちゃうんじゃないか?
 丘の上とか、高地だったら車体が軽くなって燃費よくなりそうと思うのは素人の私だけでしょうか?

・国が試験してると思ってたよ。

・プラスマイナス5%が誤差範囲?
 それ以上のふれ幅ダメなの? 基準が不明確すぎ
 実走行値がそれ以上の車はわんさかあるよ

・燃費がどうだこうだから買わないって手段取れる人は普通車ユーザーで、スズキの軽買う人はあーやっぱスズキもやってたなーとかいいながらスズキの車買うと思うわ

・信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生
 最近日本全体がどうかしてる

・ダイハツで新車を買いましたがカタログにある燃費どおりに走ったことなど1度もありませんでしたよ。
 この業界はいったい何の競争をしてるんでしょうか?

・結局は実走頼みの惰行法に問題があるのでは?
 結果良くしたかったら極端な話、空気の薄い高地とかで測れば走行抵抗少なくできそうですし。

天候に左右される規定の方がびっくりした

・御役所は何を審査しているのか・・・・
 ホンダまでならぬように

・発表するにしても遅すぎですよね
 三菱の問題発覚から結構経ってます

・公表燃費との差がほとんどない、という所のエビデンスが公表されてないからこれでは何も判断できないな。
 ただ、メーカー独自に作った屋外コースで測定するのが国の既定とは思わなんだな。

・天下り、献金、CMの多いT社は大丈夫ですね!
 三菱に足りないのはそういう所ですね。

・最近、どの業界でも不正が多いですね~、どうなってるんでしょうか。

・そもそもメーカーの言う燃費を信じてるやつがいるのか?

・三菱に対して、会長が上から目線で見下したコメント出してるから不安に感じたけど、やっぱりな結果になったな。

・まさか全メーカーが不正してるなんてことはないだろうな。
 そうなったら何を信用していいのか分からない。

・リコールの時も三菱が叩かれ、今回も三菱が叩かれるのは何故?
 他社は後からリコール大量に出すわ、今回も燃費不正がスズキに続いて出るのでは?

・この会長が辞めたらスズキはヤバそう。

決められた方法ではなかったことが問題。
 燃費云々はどうでもいい。
 そういうのは、事実として「違法を隠していた」ということでしかない。

この人達は数年前の耐震偽造、食品偽造の時にどういう思いで見てたのかな。。

・三菱ほどではないとはいえ、悪質なことに変わりはない。
 三菱の件がなければ、あるいは国交省が調査報告を命じなければ不正をやり続けるつもりだったのだろうし、現行車種で「正しい計測方法とかい離がなかった」としても、次期車種でもそうとは限らないし。


<続報:スズキが追加で不正車種を発表>

スズキ不正報告を追加、26車種・214万台。カタログ値より全ての車種が良かった・・・?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>