「ドッジボールは野蛮なので禁止」どこぞのコラムニストが的外れな主張を展開w

スポンサーリンク

「ドッジボールは暴力」に賛否

小学校の体育の授業などで誰もが一度はやったであろう「ドッジボール」について、ツイッター上に「野蛮なスポーツなので禁止するべき」という意見が登場。多くの人から賛同の声が寄せられている。

5月30日、作家・コラムニストの勝部元気さんが「ドッジボールを学校でやらせるのを早く禁止するべき」というツイートを発信した。勝部さんは、「義務教育で全員参加させるべきではない」「やりたい人だけがやれば良い」と、“条件付き”で禁止説を主張。

「他人にボールをぶつける野蛮なスポーツであり、イジメにも繋がりやすい」
「暴力性が強く、運動が苦手な人は恐怖心に苛まされる」
「当てるほうも当てられるほうも、心優しい人ほど傷付くスポーツ」

など、立て続けにドッジボールの問題点を指摘した。

この意見は、ツイッターで大きな議論を呼んだ。多かったのは、

「痛いだけでやりたくなかったな」
「私もドッジボール大嫌いだったな~~~~~!!!!とうとう一度もボールを取ったことのないまま卒業したの覚えてる!」
「なんであれが体育の授業であるのか意味が分からなかったよ。いつも最初に狙われてたもん」
「サッカーとかなら脇で突っ立てればいいがこれはそうもいかんからなぁ。本当に嫌だった」
「トロい私にとっては暴力としか感じられなかった。当たると痛いし当てるのも嫌。楽しいと思ったことは一度もなかった」

など、「ドッジボールが嫌い」という意見だ。だが一方で、

「自分の嫌いなものは何でも禁止しろっていう発想が、あんまり建設的なものには見えないんですよね」
「なんでこうすぐ禁止したがるのか・・・」
「無茶苦茶だ。それを言い出したら『絵の苦手な人間にとって全員参加で貼り出されもする写生大会はイジメの温床になるから禁止』『書道が苦手な人間にとって全員参加で貼り出されもする書き初めはイジメの温床になるから禁止』等々なんでも成り立つがな」
「いじめるやつが悪いんであって、ドッジボールが悪いわけじゃないんだよなぁ・・・」
「えー、私運動苦手で球技大嫌いだったけど、ドッジボールは逃げ回るだけで終了するので楽だったんだけどな。バレーボールやバスケのほうがつらくない?」

と、問題があるとしても“禁止”にしたり“ドッジボールのみ”を批判するのは極端だとの声もあった。

いずれにせよ、ゲームを始めるのが簡単なだけに、レクリエーションなどでも採用されがちなドッジボールだが、学校関係者は「嫌いだという人がいる」という事実を覚えておいてもよさそうだ。

ドッジボールも嫌いな人は嫌いなんだろうな。

ドッジが嫌いな人っていうかどんなスポーツでも同じだろうな~。
球技全般が苦手な人には入りづらい空気があるんだよね。野球もサッカーもバスケも。

野蛮(笑)とかいうなら柔道を先に廃止しろよw

空手もテコンドーもアウトだなー。
剣道もダメだ。
サッカーもキーパー的にボールが当たるからダメかもなぁ。

まずもって日本の国技である相撲も張り手とかしてるから完全にアウトですね。

そこんとこはどうなんだろうね?

「他人にボールをぶつける野蛮なスポーツであり、イジメにも繋がりやすい」

これなんて笑えるww

イジメだなんだってのは関係ない。
むしろドッジは当たったら外野にいくわけだからイジメの標的になり続けないから余裕だろ。

それなら勉強も苦手な人はテストの点が悪くていじめられるから勉強もなしにしようかw

こういうやつが「劇の主役がひとりだと・・・」とかいって主役が5人くらい出るような学校を作り上げるんだろうな。

たかが遊びなんだからもっと気楽に考えーよ。


◆結論
とりあえず結論として、今の小学生にも「ドッジ弾平」を見させるべき。

スライディングショット(だったっけ?)とかやろうとしてみたなーw

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>