SoftBankの使い放題詐欺!違約金なしの解約方法はある?

スポンサーリンク

SoftBank Air わずか4ヶ月で規約改定し「使い放題」を撤廃

ソフトバンクは昨年末、宅内機器を設置するだけですぐにつながる、使い放題の高速インターネットサービス「SoftBank Air」を開始しました。

同サービスは、下り最大110Mbpsの高速無線通信が使い放題という点が魅力の1つでもあったのですが、今後はヘビーユーザーに対して、通信制限が課される可能性が浮上しました。

密かに進んだサービス改定

ブログメディアBuzzapによりますと、ソフトバンクは4月に「SoftBank Air」のサービス規約を変更していたようです。
変更前と変更後のサービス規約の内容は、以下の通りです。

【サービス規約(変更前)】
 パケット利用量の制限がない定額制サービスのため、大容量データ通信や家族で共用してのインターネット利用が月額4,196円でデータ量の制限なく利用可能です。

【サービス規約(変更後)】
 本サービスの安定供給を目的として、当社(ソフトバンク)の判断により、会員の本サービス利用に係る通信に割り当てる帯域を制限する場合があります。

livedoor NEWS

ソフトバンク安定の詐欺技

「使い放題」を謳っておいて、1年も経たないうちに規約改定で制限をかけるゲスぶり。
そして当然のように2年縛りで違約金は発生するときたもんだ。

今回も余裕の後出し。
モラルってものがないのかね、ソフバンには。

ちなみにY!Mobileでは「Pocket WiFi 305ZT」という端末で月額3,696円でデータ通信を使い放題のキャンペーンを実施していたが、3日間1GBという通信制限がかかるようになった。

これはY!Mobileが2015年4月にソフトバンクモバイルに吸収合併されたことが原因。
ソフトバンクモバイルと同じ会社で、ブランド名をY!Mobileとしているだけという経営形態になったから。

つまりソフトバンクに経営権が移ったことにより「無制限」→「制限あり」に変更になったというわけ。
吸収合併の事実を知らないユーザからしてみると、Y!Mobileだけが泥をかぶっているようなもの。

ハゲたマネをしますね、ソフトバンクは。

秋元康といい、手段を選ばないビジネスをしてる輩が多いよね。
これが資本主義ってやつか。

違約金なしで解約できるのか?

クソみたいな会社に関わったのが運のつき・・・とも言えるけど、詐欺は騙す方が圧倒的に悪い。
こんな奴らに屈したくはないですよね。

しかも今の携帯キャリアなんて選択肢自体があってないようなもの。
どこの携帯会社を選んだところで似たり寄ったりの内容で通信費が嵩むだけだから、こういう被害に遭うのも仕方ないといえるかもしれない。

一部には解約金は無償、かつ端末代の残債0円を勝ち取った人もいます。
気合のある人は徹底的に対抗しましょう。

こういう詐欺まがいの手法でムカつくのが、「母数が多ければ面倒で契約を続ける人がいる」という考え。
確かに無償解約は交渉が必要になってくるし手間もかかる場合がある。
ごく一部の人に無償解約されても、エサは別のところにあるからいいよ的な思考回路だよ。

消費者センターの名前を出す

「契約時に虚偽の説明があった」
「この変更された契約内容であれば契約しなかった」

という内容を伝えて交渉しましょう。

ごちゃごちゃ言ってくる場合は消費者センターの名前を出すと効果的なことがあります。
実際に消費者センターに問い合わせをしてやってもOK。

然るべき公的機関に相談しつつ、毅然とした態度で対応しましょう。

ハードルが低いのは量販店

ソフトバンク(Y!Mobile)の店に直接行って話すと、定型文しか返ってこないことが多い。
先の消費者センターの名前も出しつつ直接やりあってもいいですが、ハードルが高めなのも事実。

そんなときは量販店経由でやりとりをしましょう。
うまくいけば契約破棄ができます。

量販店では自分の店の看板も背負っているので、いきなり無下な対応はしないと思います。

直接店に行くよりはハードルが低いかな。

徹底抗戦するなら

徹底的に闘うなら、契約解除通知書を作成して、会社まで送りつけます。

無償解約された方の一例)

以下の全てに電話して相談します。

  1. カスタマーサポート
  2. 消費者センター
  3. 国民生活センターの地域部署
  4. 消費者庁
  5. 公正取引委員会
  6. JARO

内容は、「誇大広告、景品表示法違反に該当しているのではないか」ということで相談します。

カスタマーサポートや店に行って、解約する旨を伝えます。
何か言われても契約解除通知書と端末を送るので宛先を教えてくれと強行。
まだ何か言われるなら上席を呼んで契約解除の権利についてひたすら説明。

ちなみに契約解除通知書は自分で作成して送りつけます。

この方の事例では、契約解除、違約金なし、端末の残債0円、これまでの利用料も0円になったそうです。

ある程度の法知識が必要になってくると思いますが、契約解除を主張できるだけの根拠を集めれば勝利を掴むことはできそう。
ハードルは高いけど、出来る人は闘ってみて欲しいです。
結果も教えてください!

他の事例も増やして、被害にあった人向けのテンプレなんかも作れるといいなー。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>