千葉・習志野の女性殺害容疑者の中国男性を釈放、強制送還…。事件は迷宮入りへ

スポンサーリンク

釈放の中国男性強制送還 千葉県警、捜査は継続へ 習志野の女性殺害

千葉県習志野市茜浜で2013年6月、同市谷津、派遣社員、広畠かをりさん=当時(47)=が殺害された事件で、県警が殺人容疑で逮捕し、千葉地検が処分保留で釈放した中国籍の無職男性(50)が、中国に強制送還されていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。男性は釈放後のことし3月、在留資格が切れているとして東京入国管理局に身柄を引き渡されていた。

男性は東京都内での窃盗事件で14年9月に東京地裁で懲役1年6月の有罪判決を受け服役していたが、ことし3月に府中刑務所(東京都府中市)を出所。県警は13年6月に同市茜浜の遊歩道沿いの緑地帯で広畠さんの首を圧迫して窒息死させた疑いで、出所日の朝に男性を逮捕していた。

地検は同月24日、「起訴するに足る証拠が収集できなかった」として男性を釈放。入管難民法では、出国期限を経過して国内に残留する者は退去強制・刑事罰の対象となるため、地検は同日、東京入管に男性の身柄を引き渡していた。

県警は殺人容疑などでの捜査を継続する。

日中間には、容疑者を受け渡す国際ルールの「犯罪人引渡し条約」が結ばれていない。

このニュースに対するみんなの声

何やってんだよ。

ないわ。これじゃ被害者が浮かばれない

・あくまで容疑者だけど、このまま中国で雲隠れされるのは正直気分が悪い。

・中国の影響がここまで浸透しているということは日本ダメだこりゃ

・変な法律だ。

今のままでは未解決になる……

・被害者がかわいそうでしょ。

・オリンピック開催中は、外人は犯罪やり放題。

・何しているのか?
 被害者が浮かばれないです。

・逆なら、絶対あり得ない話・・!!

そういうことなら、始めから入国させない方がいい。

・最近日本の警察も無能になったね

・なんかもう、国としていろいろ甘すぎる。
 大丈夫か日本。。。

・尖閣の「毅然たる対応」なんて現政権では絶対ムリだわ。

・被害者とご遺族はこのニュースをどんな想いで見ているのだろうか。

・捜査はしても被害者家族の気持ちは??

・千葉県って特亜にあまりにも優しすぎやしない??

・フェリー等で簡単に潜入できる時点で狂ってる

・逃がした。

・どこまで中国人に甘いんだ

人の命より大切な法律や国交のあり方があるって、いつになったら被害者が泣き寝入りしない世界になるんだろう

・情けないわほんまに。圧力には弱い。

・安倍政権になって治安が、特に外国人犯罪が多くなったと思う。
 最近は電車内で身の危険すら感じる。

・なんとかならないものなのか?

・国家間の衝突防止とかいろいろ勘ぐってしまう

・何かしっくりこないなー。

・厳罰の中国に比べて、一人殺したくらいじゃ死刑にならない日本は「なら一人位ても大丈夫だろう」としか思ってないらしいからね。

・これは、仮に中国籍の人が犯人だった場合、犯人を裁けない事になるのではありませんか?
 とは言え、証拠不十分のまま拘留も出来ないし、このまま完全犯罪になりそうですね。

なぜ日本国内で罰せられなかったのか

・情けない事案だ!

・もしこれから証拠が固まってこの男性を逮捕する段階になったら中国側はどう対応するのでしょうか。
 引き渡し条約がないということは中国が身柄を引き渡すことはないということでしょうね。

・初動ミスったの?
 一度逮捕しているという事は、こいつが犯人というそれなりに重要なの証拠があったはずだけど。
 ほんとに被害者が浮かばれない。

・これ他人事じゃないな
 やりたい放題になったら治安も悪化するし

・いや、この場合、議員達が現状把握して法改正しないと!
 法の範囲内でしか動けない警察に文句言ってもかわいそう…

・刑事法の管轄と入管関係の法の管轄は違うから難しい問題だね。釈放しちゃうと入管が自由に扱えてしまう

・また千葉に未解決事件が一つ増えた。被害者が浮かばれないよ。

・逃げたもん勝ち?

・千葉県警が悪いの?
 入国管理局が悪いの?
 処分保留って何だろう?
 千葉検察が証拠不十分だから起訴できないので釈放したってことじゃないのですか。

・警察頼りにならない。被害者がほんとうかばれない。
 容疑者が日本人だったら、もっととことんやりそうだけど。中国人だと手抜き捜査ですか?
 批判されてもしょうがないでしょ。

逃がしてあげたのかよ。
 最悪最低だな。遺族の気持ちは計り知れない。

・自白に頼った捜査をしてるからこうなる。
 逮捕されてあいすみませんとしゃべりだすのは日本人だけだ。

・航空券付きでむざむざ逃がしてやったのか。
 千葉県警は何やってるんだ。

・沖縄の米軍軍属犯人とマスコミの扱いの落差が大きい。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>