沖縄県・小学生の暴行動画がインターネットに投稿…ひと回り体格の違う少年が殴る蹴るを繰り返す

スポンサーリンク

沖縄県の小学生が暴行受ける動画がインターネットに投稿される

沖縄県の男子児童が暴行を受けている映像が、インターネット上に投稿されていたことがわかった。警察は、関係者から事情を聴き、くわしく調べている。
インターネット上に投稿された動画には、沖縄本島の北部の小学校に通う男子児童が、ひと回り大きい体格の少年から、腹や頭などをけられたり、殴られている様子が撮影されている。

動画は、5月に撮影されたもので、6月3日に暴行した少年が通う小学校の校長が動画を確認し、警察に通報したという。
当時、現場には、中学生を含む少年が複数いたとみられている。
警察では、被害に遭った男子児童や暴行した少年などから、くわしく話を聴き、事実を確認したうえで、児童相談所に通告する方針。

このニュースに対するみんなの声

・大抵の校長先生なら大津の例からみると事実を否認したり隠したりするから、その校長先生たちに比べたらはるかにましだね。

・始まったばかりの道徳教育が功を奏していないような・・・?
 というか、所謂バカッターのときからそうなんだけど、こういう行為を自ら投稿すると言う彼らの頭のアレさ加減にあきれる。

子どもでもやりすぎなので、刑事罰相当でお願いしたい

・さぁ、どう出る翁長知事

・これも含めて
 感想述べてる人も過去に見て見ぬふりした人は少なからずいるんじゃないかと勘ぐってしまう。

・こーゆ「少年」って親からも、何かしらの虐待か疎外を受けたりしてんのかな
 だからといって擁護するつもりもないけど事件が起きてから騒いだって後の祭り。

・沖縄はアメリカのこと悪く言うけど沖縄県民のほうが

・体格の違う無抵抗な小学生を暴行して、恥ずかしいと思わないのかね。

・陰険さが増してるのかねぇ?
 イジメなんて今昔あったけど、ネットの普及で映像化され配信されることで力の誇示や象徴みたいになってるのかな。

また少年法が害悪に感じる事件ですね。早く撤廃するべき。

・ちゃんと対応しないと、逆恨みしたガキどもによって第2の「上村君」になりかねないぞ。
 加害者の親もちゃんと教育しろ。

・まぁ、これはこの暴行少年の中では、氷山の一角。
 冷たい視線にさらされて周囲の人間を傷つける大人にならないように更生してほしい。まだ間に合うから。

・通告だけでおとがめなし、ということは、すなわち、これからもこのような暴行を容認するということなんだなっ?そうなんだなっ?

・ひどい。ほんとにひどい過ぎる。この加害者たちをネットで追い込むことはできないのだろうか。

・あぁ・・・恐れていた事が現実になってしまった・・・。
出てくると思った。自分の「戦う姿」を動画で投稿しちゃう奴が・・・。
おそらく加害者は「俺最強!!マジでヤベェだろ?」的な意味合いで動画投稿してんだろうね。

・あぁ・・・恐れていた事が現実になってしまった・・・。
 出てくると思った。自分の「戦う姿」を動画で投稿しちゃう奴が・・・。
 おそらく加害者は「俺最強!!マジでヤベェだろ?」的な意味合いで動画投稿してんだろうね。

・自分のやらかした愚行が永遠にネット上に残る事すら想像出来ないオバカがまだいるんだね。
 しかもこの年で自分の経歴にケチを付けるとはお目出度過ぎ。
 これからどれだけ自分の将来に重しになるか、身を以て体験して頂きましょう。

・動画を投稿しちゃうところが頭悪い

・世も末だ。今の学校教育法が悪い
 メデイアも 中国系だからね。。正義なんて ありはしないよ

・本当、沖縄のガキは・・・
 こいつが大きくなり20歳で成人式で暴れる大人になるんだよな

・昔から同じようなイジメはあったのだろう。違うのはあっという間にネットで広がり老若男女に知れ渡ること。
 メディアはこれで良いのだろうか?

・小学生の子供を持つ親として本当に許せないし、胸が痛いです。
 こんなことあってはならないし許してはいけない。

・自分より体の小さい相手をボコボコに殴りながら、天下を取ったかのような声で『立て!!』と‥‥
 ふと、家族を救う為に二頭のピットブルに立ち向かい戦ったチワワの事を思い出しました。
 人間。。情けなくてやりきれない気持ちになります

・もしこの子の親なら…と考えると
 それ以上のケジメをお宅に取りに伺う。

・もし自分がこの被害者の子の親だったら、所謂大人の対応をする自信がない。
 目には目を、毒を以て毒を制する行為に出てしまうと思う。例え罪だとわかっていても。

琉球新報も沖縄タイムスも扱ってない様なんですが…ね(笑)

・なんでそんな事が簡単に出来るのでしょうか…

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>