福島第1原発事故の影響調査、甲状腺がんが30人に増加。未だ「原発事故の影響とは考えにくい」

スポンサーリンク

甲状腺がん、30人に増加=18歳以下検査2巡目―福島県

東京電力福島第1原発事故による影響を調べるため、福島県が事故当時18歳以下(胎児を含む)だった県民を対象に実施している2巡目の甲状腺検査で、県は6日、3月末時点で30人が甲状腺がんと診断されたと発表した。

県は、昨年12月末時点の16人から増加した原因を不明としているが、「甲状腺がん発生は原発事故の影響とは考えにくい」との見方を変えていない。

2巡目の検査は、約38万人の対象者のうち約27万人で完了。「悪性ないし悪性の疑い」と診断されたのは57人(昨年12月末時点は51人)で、このうち30人が手術により甲状腺がんの確定診断を受けた。 

このニュースに対するみんなの声

・サラッと報道してるが
 かなりまずい話じゃないのか?

・影響がゼロのはずないよな。

30年後には…

・原発推進派もそろそろ考えを変えた方が良いと思う。
 でないと何かしらの形で自分達にはね返ってくる筈。

・原発の影響ではないと言うなら全国で調査すればいい。

・他にどんな理由があるのだろう。
 罪の無い子供が苦しむ理由が明かされないのはおかしい。

・関係ないと言うなら公平に同じ頻度の検査を東北以外の県でやってみてほしい。
 それで同率なら納得するかもしれないけど、チェルノブイリのデータ非公表にしたって言うし、説得力ないよー。
 納得できるまで比べてきれいにデータ公表してよ。納得させてよ。

・アンダーコントロールも限界かな。

原因が不明のはずなのに原発の影響とは考えにくいとはどういうことだ?

・チェルノブイリも5年後から色々な病気が激増したとのこと。
 事故から今年は5年目。今後、どんどん増えると思います。
 放射能、いまだにダダ漏れですから…

・包み隠さずに正確に報道してほしい。

・原発は全くコントロールされていない
 したがってオリンピックなど返上すべき

・これで、福島原発事故が影響ないというのは無理がある!

・あの事故のすぐ後に、飯舘村だったかな、あるお母さんが「本当は引っ越したいけど家族が反対して無理、子供が心配です」という記事があった。
 除染も効果がないという話もある。
 問題は、「大丈夫です」「食べて応援」「福のしま」とかいって、観光まで誘致している大人。
 東北に行くのに、通過すらしたくないのが本音。

・だから他県としない限り全く意味ない。
 もしもヤバイなら保険会社が差別化してます。

・他の地域と比べて高過ぎると心配

・原発事故の影響とは考えにくいとは考えにくい。

自分じゃ判断できないこども達が犠牲になるのは辛いな

・2011年に「ただちに健康への被害はない」って何度も会見で言ってたのは「長い目で見れば健康への被害はある」って意味だったのか・・・

・原発はやはりやめたほうが良いな。

・なんつーかな。そろそろ「原発の影響ではない」に無理を感じる。

・増えるのは今からですね。

・関係がないかもしれないけど、感情としては関係あるって思うでしょ。
 仮に無関係だったとしても原発事故の責任は計り知れないね。

・今もまだ原発事故の影響があると口が裂けても言えないので、原因は不明が最も都合が良いという事です。

・甲状腺がん発生は原発事故の影響とは考えにくい
 というのが考えにくい

原発以外考えられない…の間違いでは?

・他の県に住んでいる人も同じ割合で甲状腺がんの患者がいるのであれば影響であることは考え難いかもしれないが、そうではない以上原発事故による影響であると言い切れるんじゃないの?

・30人って、尋常じゃないでしょう。
 私の周りに甲状腺癌なんていないけど、、、肺癌、胃癌、乳癌よりずっと少ないのに

・直ちに影響はでない
 全くでない!大丈夫!とは言わなかったもんね〜

・増えた原因は不明、でも原発事故とは関係無い…それは通らん話でしょ?

・これは・・・もっと調べるべきかと思う。原発の影響がゼロってことを考えるのは難しいかと。
 そもそも東京電力潰して国営電力にしてほしいです。退職金ゼロで。

・いつものように原発と因果関係がないって医師たちはどこにいたの

・全く別の県で27万人を調査して初めて影響があるかどうかが確認できるのではないでしょうか?

・これじゃ現場の作業員は確実に被爆してる話になるよね。普通に問題だし、福島県産の農作物も心配だな。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>