大塚家具、娘社長の経営で過去最悪の営業赤字。“普通の家具店”で転落か・・・

スポンサーリンク

大塚家具が過去最悪の営業赤字に沈む理由

大塚久美子社長の戦略転換は“失敗”だったのか――。

大塚家具が過去最大の営業赤字を計上する見通しとなった。同社は6月3日、2016年12月期の業績予想を大幅下方修正。5億円の営業黒字予想から一転、15億円強の営業赤字(前2015年12月期は4億円の営業黒字)へと修正した。
リーマンショックの影響で14億円の営業赤字に陥った、2009年12月期をも超える赤字規模だ。最終損益も6年ぶりの赤字に転落する。

大きな赤字を出すことになる要因は、何と言っても売上高が急落しているためだ。
今期の売上高は前期比42億円減の538億円と、過去15年間で最低になる見込み。2016年1月から既存店の減少傾向が続いており、引越しシーズンだった稼ぎ時の3月には前年同月期比11.8%減、さらに直近の5月は「大感謝会」と銘打った集客策を実施したものの、不発に終わり、同46.2%減とほぼ半減した。

久美子社長は「1~2月は昨年末に実施した、売り尽くしの反動減が大きい。さらに店舗のリニューアル準備に加え、(新しい手法に変更後の)運用の不慣れさもある」と説明。また、2015年は5~6月に「おわびセール」で大きく売上高を伸ばしており、その反動減もあって、5月に続き、6月も大きな落ち込みが見込まれる。

■テレビ露出も減っていった

久美子社長は2015年3月の株主総会で、経営権を争った創業者で父の勝久氏に勝利。
社長に就任後、勝久氏が作り上げたビジネスモデルと決別した。象徴的だった「会員制」を廃止。誰でも気軽に入れる店舗へと順次リニューアルし、顧客に必ず付き沿っていた接客手法も変更した。
さらに高級家具の売り場を縮小する一方、中価格帯を強化するなど、“普通の家具店”になっていった。

くしくも2015年はお家騒動が世間の注目を集めたため、大塚家具の知名度が向上。総会後に久美子社長はバラエティ番組に頻繁に登場するなど、自らが広告塔の役割を果たしてきた。さらに勝久氏時代はほとんどなかった大規模セールも頻発。こうした効果もあり、前2015年12月期には売上高が大きく伸び、営業黒字に転換していた。

だが、リニューアルなど本格的なビジネスモデル転換が始まったのは、今年に入ってからだ。そうした意味では、新生・大塚家具への顧客支持は広がっていない。
総会から1年以上経ったことで、久美子氏のテレビ露出効果も消え、大規模セールで顧客を先食いした影響も出ている。

このニュースに対するみんなの声

・甘くないね、顧客の目は厳しいさ

・サービス良くて良い家具沢山置いてるけど高すぎんねん 
 とてもじゃないけど庶民感覚ちゃうわ

久美子社長に対する世間のイメージもあまり良くないんじゃ無いの?
 親子であっても経営方針が異なるのは別に悪い事じゃ無いけど あれではまるで父親を追い出した格好
 大塚家具は父親が0から築いた会社。考え方が合わないなら自分が大塚家具を出て新しく会社を立ち上げるのが筋だと思う。

・ニトリやIKEAにお値段以上に良いものはない(笑)
 やっぱり安物はその道に人に任せて良い物を大塚家具には販売してほしいな。

・大塚でわざわざ安物は買わないわ。ちょっと高くていいものが欲しいのに。

・お父ちゃんほくそ笑んでいるだろうな。でもこういう業態は誰が経営しても厳しい時代でしょう。

・このご時世であれば、庶民向けに値段がめちゃくちゃ安いものか、富裕層向けに高いけどいいものを売るんじゃないと当たらないと思うんだよなあ。
 正直、記事を読んでると娘の戦略は間違ってると思うし、匠と入れたように高いけどいいもの売るよってイメージ出してる父親のほうがよくわかってるように思う。

業績も上がってないのに配当金倍増なんて経営ではなく博打じゃないか!
 間違いなく沈没。

・これだけ内輪のゴタゴタがあればね、当然の結果。

・普通の家具店みたら結果は分かるだろうに?

・大塚家具がこれまで何を売って来たのかまるで分かってない。

なんかよくわからんけど、娘には家具への愛がない気がする。
 ニトリレベルの店ならそれでも商売ができるんだろうけど、このクラスになると客も目が肥えてるからなぁ。

・一番やってはいけなかったことは経営陣主導で改革をしておいて結果が悪ければ現場の習熟度が不十分と言い訳をして現場に責任転嫁をしたことだ。
 結果については一概に言えないにしても乗っ取りの経緯や前記の情けない対応からは身勝手な印象を受ける。

・古い時代のやり方でも、父親の方が経営術は上のようだwww

・値段の問題ではないと思う。
 良い物を買いたい人は高くても買うし、安くても十分な人はニトリやIKEAで買う。
 中途半端が悪いのでは?今の消費者は正直です。

・だからといって親父さんの戦略が正しいかどうかも分からん。業界全体の問題かもね。

・経営って難しいな。改革してからはじめてわかることがいっぱいあるからなあ

親子が法廷までいって揉めた会社で家具買うなんて、罰ゲームみたい。

・お父さんの経営方針が私はいいと思いますね。
 大塚が他の一般的な家具を売っていても、この業界では勝てないのでは?

・時代は変わったし、手が出ないし、見る気も起きません。
 でも、あの騒動が一番のイメージダウーーーーンだと思う。

・社長になりたかったのなら自分で立ち上げた方が良かったのかもね。
 多くの社員を失うならそれは同じ会社ではないし、以前の体制が残る分変えていくのは大変

・親父さん一代でここまで会社でかくしたんだからそれなりだったろうに
 お嬢様じゃこれからの時代厳しい

・結局他の安い店に比べたら高いし。
 常連さんは離れていくだろし。必然の結果かな。

・親子喧嘩に勝っても、その影響をもろにかぶって焦土と化した会社で何ができるかということだと思います。

・父娘や兄弟の確執ってどこでもあるけど…どうしてなのかな?
 結局、長いようで短い人生、もっと仲良くすれば良かったと後悔すると思います

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>