【これが真実】『子宮の中の人たち』書籍化。しかし著者EMIの素行がヒドすぎる・・・

スポンサーリンク

笑いと共感呼んだ漫画ブログ「子宮の中の人たち」が書籍に 出産した著者「とりあえずで描くって大事」

「腎臓完成! 納品です!!」
「脊髄(せきずい)が遅れてる!? 何故報告しなかった!! 流産ナメてんのか」。


妊娠中の体の中の様子を漫画にして話題になった人気ブログが本になり、本日30日に発売されました。
著者のEMIさんが、自分自身の妊娠から出産までをリアルタイムに発信してきた内容をまとめたものです。
産後1カ月でのスピード出版で、発売前に重版が決まるなど話題になっています。EMIさんに話を聞きました。


複数の会社からオファー

KADOKAWAブランドの一つである「エンターブレイン」のホビー書籍編集部から出版される「子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが」。
妊娠を知ったときの衝撃、パートナーとのケンカや家出、体に起こった変化など、妊娠中の日々をつづったリアルタイムなブログをもとに書籍化されました。

人気ブログだったこともあり、複数の会社からオファーがあったそうです。
発売前からAmazonやネット書店で注文が殺到し、2回にわたって初版部数を上方修正。
さらに部数確定後も人気は高まり、発売前にもかかわらず重版が決まったそうです。

このニュースに対するみんなの声

この夫婦は少しおかしい。
 検索したら分かる。ヤバいよ

・同じ時期に妊娠して、出産されるまで漫画はおもしろく読んでたけど、ネットで著者のことを検索してみたら愕然。
 この夫婦のブログ見てても、???なことばっかり。(常識的な大人じゃない)本買おうと思ってたけどやめました。

・警察沙汰と乞食女のなれの果て。
 人間性が多くの人に知れ渡って、最初で最後の出版になるんちゃうか。

・帝王切開で出産され、妊娠中も現在も精神疾患の薬を服用されていると、完全ミルクの理由という記事に書かれてありました。
 FC2ライブの赤ちゃんを投げ捨てるという表現やブログでの赤ちゃんを溺れさせた記事が気にかかっています。

・面白いとは思わなかった。精子が来ないのはモテないから?流産は(中の人たちが)頑張らなかったから?ツッコミ所が多過ぎ。

・マンガ自体は面白くてもこの人本人が・・・
 自分がやってきたこともマンガにして紹介してあげればいいのに。

 下着姿で踊り狂ったりギターで居候先の壁ぶん殴って壊して大騒ぎして警察沙汰になったり。
 とってもオモシロイと思いますよ^^

・私はこの漫画や作者が好きでも嫌いでもなかったけど神秘性を排除して妊娠をドライに描いてるのは好ましいなと思った

どんな人が書いているのか知らなかったけれど、知ったら読めなくなるね・・・。
 胎児のしゃっくりをうざいと思っていたり、読者をばかにしていたり。
 買う前に知ってよかった。

妊婦マンガ描き出す前から配信の動画で知っていて、妊娠後のブログ読んだからまともな人キャラ取りつくろっている感に違和感ありありだったわ

・ヤフコメは割と良識的なつぶやきが多くてホッとした。
 頭の中お花畑の妊婦達がこれ見て浮かれてるのを見ると本当に不快。

話に挙がっているEMIの動画とは?

独身時代は顔出しの上での乞食行為、破壊行為、外出先でのおかしな言動が目立っていた。
夫となる竜人も配信者の一人で、こちらも相当なものだという。


実際の動画での行動の一部)

配信で自宅住所と銀行口座を晒し、「使ってやるから早く金を送れ(命令)」とリスナーから金品を受け取る。
・リスナーから送られてきたカップ焼きそば入りダンボールを全力で壁に投げつける
・生主ハウス居住時代に130万の債務で自己破産
・生放送でマリファナの使用や強盗・美人局をしていた犯罪を自慢
・ラハイナ暴行事件→店に来た客に店員であるにも関わらずキレて客に暴行を加える
障がい者からお金を取る
・2015年に奇抜なノブオメイクで店内を配信しながら歩き回り、買い物中の主婦や幼児を恐怖させ大勢の警備員に連行される
・生後17日の赤ちゃんが布団+トッポンチーノから落ちてうつ伏せ寝になっていたにもかかわらず「しばらく爆笑」
「胎児のしゃっくりウゼェ!」
・「子供に人権はないと思ってる。大人の持つ人権とは違うと思う」
・「配信者になってからの悪行なんて茶番wその前がヤバイw」

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 出典【これが真実】『子宮の中の人たち』書籍化。しかし著者EMIの素行がヒドすぎる・・・ | ペペロン・テンボス […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>