【癌の新薬】末期がんにも効果がある「免疫チェックポイント阻害薬」が学会発表

スポンサーリンク

米大学研究チーム発表のがん治療 末期患者のがん細胞が消滅

米ペンシルベニア州フィラデルフィアで4月18~22日、世界最先端のがん治療研究が発表される「米国がん研究会議」(米国がん学会主催)が開かれた。
そこで、米ジョンズ・ホプキンス大学キンメルがんセンターの研究チームが、新しい治療法の効果について驚くべき発表を行なった。

研究チームは、それまでの治療法では手の施しようがないタイプの乳がんに冒され、すでに他部位にも転移している患者21人に新薬を投与した。その結果、4分の1以上の患者に効果があり、そのうち2人はがん細胞が縮小、2人は検査でがん細胞が検出されない「寛解」と呼ばれる状態になったという。

従来の医学ではなす術がなかった末期がん患者のがん細胞が“消滅”した──その発表は多くの研究者に衝撃を与えた。この新薬は「免疫チェックポイント阻害薬」と呼ばれる。

livedoor NEWS


今までの癌細胞への投薬は基本的に免疫療法の考え方。
それに対して、この研究では癌細胞が持っている、免疫細胞にブレーキをかけている物質を取り除くという新しいアプローチを行っている。

実績として1/4以上の患者に対して効果があったというのもすごい。
もっと研究していけば有効な治療薬になるかもしれない。

副作用の問題もあるからすぐに新しい治療方法として取り入れられるかはわからないけど、期待したいね。
この発表を受けて、世界中の研究者がさらに効果のあるものに昇華させてくれるのではないかな。

こうやって新たな方法がいろんな分野で開発されているのはすごいよね。
今までの通説を覆す発表も多く出ているし、がん治療にも不可能はきっとない。

安易なことは言えないけど、治療で苦しんでいる方も希望を捨てずに頑張ってもらいたいよね・・・。

今後も注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>