ハリポタの「透明マント」が現実に!?米軍で「透明化スーツ」開発

スポンサーリンク

透明化スーツを米軍が開発

米軍は、戦場で兵士の姿を見えなくする「透明化スーツ」の開発を進めている。

アプローチの1つは、背景の変化に合わせてカメレオンのようにスーツの色と模様を変えていく「適応型カモフラージュ」技術だ。ジャングルから砂漠まで、すべての環境、あらゆる温度条件下で、兵士の任務を妨げずに動作する透明化スーツが求められている。

適応型カモフラージュ技術による透明化スーツの開発計画では、今後6ヶ月で実用可能性を実証した後、1年間で10種類のプロトタイプの試験を行なう予定となっている。

もう1つのアプローチは、光を曲げることができる「メタマテリアル」を使った透明化技術だ。この技術は、2006年に、イギリスの理論物理学者ジョン・ペンドリーが提示したもので、物体の背後から来た光が前方に回りこむことによって物体が不可視化される。

カナダのハイパーステルス・バイオテクノロジー社など一部のハイテク企業では、技術の詳細は明らかにできないものの、すでにメタマテリアルによるカモフラージュ製品の実証に成功していると主張している。

Mail Online

公開されている画像はこちら

何これすごい・・・!!!

ついに光学迷彩が実現する時代になったか・・・。
ハリー・ポッターの消えるマントそのままだね。

実用性はともかく、技術力がすごいなぁ。
光を意図的に屈折させるってことだよね。物体があるところだけ光が避けていく感じかな?

いろんなことに応用できそうな気がする。

ちょっと違うけど、雨が避けていくコートを開発してくれないかなー。

次世代の傘はこういうのだと思う。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>