安田純平、シリア武装勢力拘束でオレンジ服の新画像「助けて」

スポンサーリンク

“安田純平さん拘束”の新画像「助けて」

去年から行方が分からなくなっているフリージャーナリストの安田純平さんがシリアで武装勢力に拘束されている様子を写したとされる新たな画像をNNNが29日、入手した。

NNNが入手した画像には、安田さんとみられる男性がオレンジ色の洋服を着て、「助けてください。これが最後のチャンスです」と書かれた紙を持っている様子が写っている。

安田さんは去年6月、トルコ南部からシリアに入り、その後の行方が分からなくなっていて、国際テロ組織アルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」に拘束されているとみられている。

今年3月には安田さんを写したとされる映像が公開されていた。

NNNに画像を提供したのは、国際テロ組織アルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」から安田さんの解放交渉を請け負っていると主張する男性。

このニュースに対するみんなの声

・気の毒だけど無理だな。

・可哀想ですが、自己責任での取材ですよね!
 国に迷惑をかけちゃダメでしょ!

厳しい事を言うようで心苦しいけど無理です
 行くなと通達されてる地域に行った以上自己責なんです。助ける事が困難だから危険地域指定されてるのです。

・誘拐ビジネス、気が滅入るね

・助ける必要はない。もちろん助かって欲しいとは思うけど。
 でも助かったらまた行くでしょ?

・近付いたあなたが悪い。

・助けてって…さすがに無理です
 もう仕方ないです

・書かされてるっぽいけどな〜何で捕まるのに行くかな〜
 まぁ自己責任だよね

・助からないで欲しいとは思いません。
 しかし、後藤さんが最悪の結果になってしまったのにこの人が助かるというのは、素直に喜ぶことができません。

・ご自身もそれなりの覚悟が有ったのだろうな・・・

・再三の注意に係わらず行動したのであるから、結果、自己責任である。

この人、プロ人質でしょ?

・リスク覚悟の行動ですから、本人も納得しているのでは?やらされてる感もあり。

・なんで同じこと繰り返すんだ

・こういう記事は読みたくないな(>_<) ・自己責任は当たり前だが、国が立て替えるのも何だかな~  という、気持ちになってしまう。 ・すっかり忘れていた  助けてと言われても 難しいっす ・行くなって言ってたのに勝手に行ったんでしょう。  お気の毒ですが、助けられて帰ってきても今より耐え難い批判を浴びるでしょう。 ・無理でしょう。勝手に危険地帯に入って今回で2度目でしょ。大変でしょうがご家族が自費で救援して下さい。 ・イスラム国はオレンジのやつ着させられたら最終的には終了だけど、今回のはどうなるのかね? ・その服を着てたらアウトよ。

・報道は大事だけど、地道に働くことも大事です。
 日本で地道に仕事してても事故で無くなる方も見えます。
 テロ組織に1円たりとて払うわけにはいかんでしょ。

・たぶん、参議院選挙の近くでまた騒ぐと思う。
 安田氏が危機にさらされて、政権が批判されると読んで、揺さぶりかけんじゃないか?

・賛否はあると思いますが、この方悪運強いなあ。
 自己責任かもしれないけど、それでも生きていて欲しいと思います。

・学習できない人。
 さすがに2度目はないよね。

止めても助けても勝手に行っては捕まる人か。
 前回助けてもらったのが最後のチャンスだったんだろうな。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>