フライデー最低記者、藤原紀香の産婦人科にまでつきまとう

スポンサーリンク

片岡愛之助がブチきれた! 「紀香の妊活、ウソばかり書きやがって」

金屏風の結婚会見から1ヵ月半。
ブログでの発言がしばしば炎上するなど話題に事欠かない片岡愛之助(44)&藤原紀香(44)夫妻だが、最近の話題の中心はもっぱら紀香の妊活だ。

「愛之助自身は、片岡家の養子。しかし、結婚会見で紀香が『彼の子を産みたいと思うのがオンナ心』と発言したことで、世継ぎ誕生について一気に注目が高まったんです」(ワイドショーディレクター)

そんな中、本誌は紀香の気になる行動を目撃。5月中旬、彼女の姿は銀座の産婦人科にあった。
そこへ愛車を駆った愛之助が登場。診察を終えた紀香をピックアップし、白金(港区)の高級中華料理店へと向かった。

仕事関係者と合流し、和やかな表情で食事に舌鼓を打つ紀香と愛之助。
夜10時前、二人は店を後にし、パーキングへと足を向けたが、なぜか愛之助だけが引き返してきたではないか。そして、血相を変えて本誌の車に歩み寄ると……。

「オイ、何してんだ!」

歌舞伎役者ならではの強烈な目力でこちらをニラむ。
どうやら本誌の存在に気づき、紀香だけ先に車に乗せたようだ。

―フライデーです。今日、紀香さんは銀座の産婦人科に寄っていましたよね?

「行ったけど、それが何や?」

―せっかくなのでお話を聞かせてください。

「妊活なんてしてないよ。今日は、定期的に行ってる健診や」

―えっ、そうなんですか?

「だいたい妊活、妊活って何なんだよ。子どもなんて自然に授かるものやろ!」

独自の子作り論を展開する愛之助。さらに、ここからラブリン節が炸裂した!

言葉の端々に滲み出る紀香への深い愛。どうやら、妊活についてあれこれ憶測を報じられることに相当おかんむりだったらしい。

妊活についてひとしきりぶちまけると、気が静まったのか、本誌記者との立ち話に応じてくれたラブリン。
自らが盾となって愛妻を守ろうとする心意気、しかと拝察いたしました!フライデー最新号では、愛之助&紀香のツーショット写真も掲載している。

このニュースに対するみんなの声

・産婦人科とか病院は究極のプライバシーでしょうに。
 そこまで付け回すのは、流石にどうかと思う。

・藤原紀香苦手だけど、これはさすがに気の毒…
 病院の受診した科なんてプライベート、他人に知られたくない。

・ほぼイジメに近い。
 有名税かもしれないが、ここまではしないで欲しい。人の気持ちが全く分からない記者なんだろうな。

・結婚して相手の子供が欲しいと思うのは、至って普通の感覚だと思う。
 絶対生むとか不妊治療してでも生むとか公言したわけじゃないのに、まるで紀香さんがそう言ってるみたいな風潮は嫌だ。
 病院までついて行くなんて、セクハラだよ。

・これはキレるでしょ。芸能週刊誌ってほんとゲスい。

・本音コメント聞けた。怒られてラッキーくらいにしか、この記者は思ってないんだろうな。

・女性にとって、婦人科の受診をバラされるってあり得ない話だよ。
 いくら相手が有名人でもデリカシー無さすぎる。

・藤原紀香さん好きじゃないけどこれは引く。
 女性が妊娠時以外で産婦人科に行くのって物凄く勇気がいる。
 デリケートなことなのでそっとしてあげてほしい。

・どう読んでも記者が悪いとしか思えませんが。

・これだけは夫妻に同情する

・この記者狂ってるとしかいいようがない。あなたの奥さんが産婦人科までつけまわされたらどう思う?

・スクープ取りたいのはわかるけど、なんか最近は、まるでハイエナのよう。

・失礼ながら、自然に授かるには難しい年齢だろうし妊活したらいいと思う。
 だからといって、デリケートな問題なんだからマスコミは気を使うべき。

・結婚しても追っかけるんですね。興味ないのに。

・そりゃ切れるやろ…
 この記事書いてる人が100%悪いでしょ?仕事として恥ずかしいわ。

・ネタがないからって、そこまでしらみ潰しに書こうとするのは人間性疑う…
 もう読みたい人もいないだろうし、そっとしてあげたら良いのに。もっと暴かなきゃいけないことあると思うよ?

・かわいそうです。
 最近はフライデーより、文春ですから!!

・これは失礼な話。
 何故婦人科に来たのかそんなの聞かないでよ。
 仮に不妊治療だとしてもやっちゃいけないの?

・フライデーとか文春の仕事してる人は
 自分の仕事に対して誇りに思うのか

・この話…少しだけ愛之助を見直した。奥さんのために怒れる人だったんだなと。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>