5月13日 ベッキーがブログを更新 お詫び文を公開

スポンサーリンク

タイトル「みなさまへ」

みなさま、ご無沙汰しております。
ベッキーです。

この度は、私の一連の行動により、
応援して下さっている皆様、関係者の皆様、そして、多くの方々に
多大なるご迷惑をお掛けしたことを、 深くお詫び申し上げます。

本日、TBS「金曜日のスマイルたちへ」にて、お話しをする機会を頂きました。
事前にお知らせすることなく、皆様を驚かせてしまい、申し訳ありません。


どんなときも、応援して下さっているファンの皆様に、一番にご報告したいと思っておりましたが、
順番が守れず、申し訳ございませんでした。
今回はみなさまのお心を何度も傷つけてしまい、ほんとうにごめんなさい。


私のすべての行動、LINEのすべての内容は、皆様を不快にさせてしまうものでした。
当時の私は、考えが幼稚で認識が甘く、周りが見えておりませんでした。

軽率な行動をとってしまったこと、そして事実と異なることを記者会見でお伝えしたことは、
一人の人間として、タレントとして愚かでした。

これからは自身をわきまえ、公私ともに誠実に歩んでいきたいと思います。


ご報告とお詫びが遅くなりましたこと、本当に申し訳ありませんでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。



ベッキー


金スマ出演(【ベッキー謝罪】金スマで不倫認め、芸能界復帰を希望する)のあと、ベッキーが自身のブログで記事を公開。


あたりまえだけどブログのコメントはベッキー擁護のコメントばかりで気持ち悪いな・・・。

そのタレントなり芸能人が本当に好きなら、その過ちを肯定するのではなくちゃんと否定してあげるべきだと思うんですけどね。


よく、その人が好きだといって何でもかんでも良いと認めちゃう人っているけど、そういうのって理解できない。

逆に好きだからこそ認められないことって出てくると思うんだよな。

結局はその人の作る何かとか言動が好きなわけではなくて、「その人」が好きなだけで本質が見えてないんだろう。

まぁそれはそれで幸せなことかね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>