ファンキー加藤、柴田元妻とのW不倫について取材に応じる。「今となっては軽率な行為だったと思います」

スポンサーリンク

ファンキー加藤、自分から柴田元妻誘った「女性として魅力を感じた」

きょう7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)でお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(40)の元妻と“W不倫”関係にあると報じられた歌手のファンキー加藤(37)が同日、都内スタジオで行ったレコーディング後に報道陣の囲み取材に対応。
不倫について謝罪し、相手の女性について「僕から声をかけました」と自身から不倫を持ちかけたことを明かした。

同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会で柴田の元妻と知り合い、不倫関係に発展。その後、不倫がきっかけとなり、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立。その4ヶ月後の9月には元妻の妊娠が発覚したという。

加藤は誌面内容ついて全面的に認めながらも、女性が柴田の妻であったことは「知らなかった」と釈明。ただ「女性として魅力を感じたのは事実」とし、「僕から声をかけたので、責任の多くは僕にあります」と自身の非を認めた。

結婚して子どもがいる身ながら、自分から女性に声をかけたことについて「奥さんを裏切った不倫ですよね?」とレポーターに追求されると、加藤は一瞬口ごもり、「今となっては軽率な行為だったと思います」と謝罪の言葉を述べた。

このニュースに対するみんなの声

・もうこれからあなたの歌に説得力を感じるのは難しいと思った方が良い。

・知らなかったとかいう問題ではない

・割りと選べる立場にあったとは思うのだが、よりにもよって何でそんなのを選ぶかね?

・しかし既婚で二人の子持ちを隠して不倫して出産とは柴田の嫁もエグいなんてもんじゃない

・奥さんがいるのにたまたま知り合った女を誘う方悪いが、自分も結婚してたのに誘いにのった柴田さんの元妻も問題。

・それにしてもファンモンの加藤さんって、真面目で誠実そうなイメージだったんだけどどうしちゃったの⁇
 それにしても柴田さんの元奥さんって何者なんだろう?

・急に歌が薄っぺらく感じるよね。もともと好きでもなかったけど歌詞聞いてるだけでげんなり。

・女性として魅力を感じた?結婚しているという認識をなくしてしまったのだろうか?
 自分なら許されるみたいな驕りがあったようだ。

・映画控えてるんだよね? まぁ、ボロが出るには格好のタイミングか…

・誘われて行く嫁も嫁だよ。不倫にどっちが悪いって事はない。特にお互い結婚してたんだし。

・誘う方も誘う方だけど、子供がいるのに飲み会に参加し、その後も子供預けてまで地方に付いて行く元妻とやらもどうかと思うよね。
 可哀想なのは加藤の奥さんと双方の子供たち。そして近々産まれてくる赤ん坊は産まれながらに負の状態。
 親は選べないだけに本当に可哀想としか言いようがない。

・今年は不倫多いな。けどその中でもトップクラスに酷い。

・加藤も最悪だが、柴田の元嫁の方が最悪だ

・加藤は自分の嫁が妊娠してるときに不倫してたって事か。

・間違いなくいえるのは加藤と元妻が子供たちの立ち位置とか人権を考えたとは思えない。
 双方子持ちで不倫後の新たな1人。考えてそれだったらどうかしてる。

・「あとひとつ」とか好きだったけど
 もうこの人の曲を聞くことはないだろう。

・もっと真っ直ぐで真面目な方と思ってたのに。

・ゲス川谷ほどのバッシングがないのはなぜだろう 別にどうでもいいけど
 ファンキー加藤の場合もっとひどいことしたような気がするし

・ある意味、ベッキー事件よりたちが悪い。 ダブル不倫て。。。
 今年の流行語は『不倫』で決まりでしょww

・柴田の奥さんもなかなかのやり手
 柴田から加藤に乗り替えようと離婚までしたけどダメでしたね
 子供まで作って嫌な女

・ザキヤマだけが被害者かと思ったら、案外柴田も被害者だったんだな

・今となっては軽率?
 声かけた瞬間に軽率だったと思いますが…

・妻で、母でもあるのに、やんわりお誘いをことわれなかったのが、残念です。

・こんな人が他人を応援する資格はない!

・ヨメの立場なら、産まれてくる子には罪はないわ、なんて広い心を持てる自信がない。だからってどうすることもできないけど

・まあ次々と出てくるね。マツコが言ってたけど、正しいことって何なんだろうね。
 あと、やったことに関しては置いといて、会見開いて記者の質問に答えたけど、これが普通だよね。

・やったことは最低最悪極まりないし同情の余地は微塵もないけど、
 逃げずに会見で答えただけ、どこかのゲス男さんよりは男らしいかも?と少しでも感じてしまった私。
 感覚が完全に麻痺している。


【関連記事】

ファンキー加藤、アンタ柴田の妻とW不倫が報道される。ドロドロ関係で子供は認知

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>