GReeeeN「キセキ」誕生を映画化!? 松坂桃李、菅田将暉W主演。なんで今さら感がハンパない

スポンサーリンク

松坂桃李、歌声初披露!GReeeeN「キセキ」誕生の軌跡映画化

俳優の松坂桃李(27)と菅田将暉(23)がダブル主演する映画「キセキ―あの日のソビト―」(監督兼重淳、来春公開予定)が製作されることになった。

4人組覆面ユニット「GReeeeN」の代表曲「キセキ」(08年)が誕生するまでの軌跡を描くストーリー。松坂は同ユニットのプロデューサーJIN(39)を菅田はその弟でリーダーのHIDE(36)を演じる。

見どころの一つは、松坂が09年のデビュー以来、初めて歌声を披露することだ。
菅田とともに取材に応じ「今まで僕は、歌でものを表現することを避けてきた。自分の中で(歌は)苦手なものとして27年間生きてきた」と説明。
菅田に「楽しみだなー」と期待されると、苦笑いを浮かべ「頑張ります」と意気込んだ。
JINは野太く力強い歌声が特徴で、松坂はJINが書き下ろした歌を劇中で歌うという。

このニュースに対するみんなの声

GReeeeNもキセキも好きだけど、映画化は何か違う気がする…

・興味のひっかかるところがない
 最近菅田さん出しときゃいいみたいなのやめて

・ちょっと気になるんだけど…ホンモノってこんなにイケメンなのだろうか?
 ちょっと醜男とかのほうが面白いと思うんだけど。それなら納得できるし。

・顔出しNGをどう演じるのか、興味深い。

・確かに!菅田くんを出しときゃっていうキャスティング多いね。せっかくでてる月9はいまいちな視聴率だけど、、、
 しかし、どうして今GReeeeNなのか?数年前はよく歌も聴いてたけど、なぜこのタイミングなんだか。

・顔が分からないのに映画化しても良いもんだろうか・・!?そこはなんか違う気がするわ(^_^;)

・最近の邦画はネタがないのか、どんどん内向きでつまらないものになっているように思う。

・歌は好きだけど、映画化はしなくてもいいんじゃないかと思う。

今更GReeeeNに需要あるの?

・メンバーがエキストラで出ていたら面白い

・こっそり脇役でもご本人達が登場して欲しい
 誰もわからないのだから

・この人も出てきた時は俳優さんとして見てたんだが最近ちょっと違うかな、アイドル俳優路線かね

・誰が観たいのだろう? 何でも映画化し過ぎ

・歌の部分だけは吹き替えでやってもらえばいいのに
 松坂さんじゃ駄目とかどうこうってんじゃなくて

・GReeeeNはわりかし好きな方だけど、だからって別にわざわざ再現VTRみたいなのを観たいとも思わないのでどうでもいい

松坂の映画にGReeeeNが主題歌
 が正しいんだろうな、きっと。

・佐藤二朗が寅さんやる映画とかだったら ちょいと観てみたい

・需要がある映画とは思えない 単館上映なのか

映画化すべきミュージシャンは他にいるでしょ・・・

・歯科医=高収入ってイメージがあったけど今は歯科クリニックの数が増えすぎて勝ち組・負け組が完全に分かれる厳しい世界みたいだね。

・GReeeeNは昔からずっと好きだけど映画化はなぁ・・・
 爆死の予感(´・_・`)

・何で今?感はあるけど、見てみたい。楽しみ!

・歯科医でも歌手でも成功したのは凄いことだけど、それでも、本業に専念しろと思ってしまう… なんだかね…

・震災の時も鑑定云々で話題になっていたし、顔出しする日も近いのかな?

・GReeeeNは好きだし興味もあるけど、わざわざ映画化する必要あるの?
 当の本人達は素顔を明かしてないんだから、こういう話は本とかで読者それぞれがイメージする方が楽しいと思う。

・今更GReeeeN??素顔もよくわからぬまま消えたけど…
 歯医者さんやってるのかな。

・キセキの曲は好きだけどグループそのものに興味はない
 歯科医師グループというミステリアスなままで良いのに・・

正直、内容に興味ある人いるのかな?
 松坂桃李と菅田将暉のファンが映画館の大きなスクリーンで観るためだけの映画。

・これじゃない感。GReeeeNやらかしたね。

・ドキュメントの映画化って難しいのに、よくやるよな

・うーん。キセキってルーキーズの主題歌のイメージが強すぎるんだけどなあ。

・「キセキ」の歌は好きだけど誕生は興味ないな。
 歌詞に自分を重ね合わせるからいいわけで誕生秘話なんか見たらもうそればかり浮かんでどうでもよくなりそう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>