小2男児置き去りについて夜回り先生が言及「一番苦しんでいるのは親」⇒「いや、子供でしょ」

スポンサーリンク

夜回り先生、男児「置き去り」論調に怒り 「一番苦しんでいるのは親」

夜回り先生こと、元高校教諭の水谷修氏が2日、TBS系「白熱ライブ ビビッド」で、北海道で小2男児が行方不明となっているニュースについて「置き去り」と言われている論調に「怒っている」と親をかばった。

番組では行方不明になって6日目に突入したものの、いまだ発見されない男児のニュースを特集。
水谷氏は今回の件について「置き去り」という言葉が先行する状態に「怒っている」と厳しい表情

「置き去り、置き去りといって、親が悪いという論調になっているが、車で500メートルはわずか1分ちょっと。記者に聞くと、そこは細い道で、車が止められる場所は500メートル先しかなかった。そこから戻って、とぼとぼ歩いている子供を『反省したかい』と抱きしめれば済む話だった」と、親のしたことに理解を示した。

コメンテーターの雪野智世が「でも置き去りにはしない。子供が見える場所に隠れて様子を見るはず」と反論したが、「車というツールだったからそうなった」と指摘
そして「この親が家に帰って風呂に入って酒飲んで飲んで、という状態なら置き去りかもしれないがそうじゃない。一番苦しんでいるのは親。責めるより、ともかく無事に帰ってくることを心配したい」と話していた。

このニュースに対するみんなの声

・親の言っていることが本当なら夜回り先生の言う通りかも知れないけど…

・今まで何度も酷いニュースやかわいそうに感じるニュースは見てきたけど、今回ほど、動向が気になる・心配になったニュースは初めてかもしれない。
 それくらい毎日気になってますし、心配してます。

・親が怪しいとか、憶測で言うのはやめようよ。
 それが事実だと判明したなら、そのときに叩けばいいじゃないか。

一番苦しいのは親じゃなくて男児だと思いますけど…

・水谷修が言うとおり「ほんのちょっと」の話なら、とっくに見つかってるんじゃないか?

・親の言ってることが本当なら苦しんでいるだろうが、話がコロコロ変わるから信じられない。男児の親として、5分でも樹海に置いてくのはありえない。

・まずは見つかって欲しいし、置き去りであってほしい。 もう話が変わることがなく。

思うのは自由ですが、事実置き去りは置き去りだと思いますが?

・ちょっとまて、本当に苦しんでるのは子供のほうだろ。
 置き去りにしたこと以上に、その後の対応に大きな問題がある。
 隠蔽に近いごまかしをしたことで、初動が遅くなったことは全て親の問題だし、悪質。

・苦しむのは当たり前

・最近は熊がやたらあちこち出没するし、沢な小川もあることを考えれば両親の判断は結果論にしても軽率と思われても仕方ないのでは?

・親の証言がコロコロ変わってる状況では同情出来ない。
 この親が何かを隠してると考えてしまう。

・他の車で連れ去られたと考えたら、あとは無事なことを祈る。

1番苦しいのは、子供
 1番悪いのが、親

・現代で人海戦術と科学と犬の大捜査で7才の行方がわからないのは、そこには男児がいなかったということです。
 親の言動が事実ではないと考えるべきと思います。

・紛れも無い置き去りでしょうよ
 子供でなくても車で5分も走られたら置き去りと思いますよ

・そこで置き去りにしたのが事実なら、親が苦しんでるんだろうけど、別の場所で何かしらしてる可能性が否めない。

・警察や自衛隊の人達も様々な思いはあるはずなんだが黙々と捜索をしている。
 今は何も言う時ではないと思う。

・今はそんな事で怒っている場合ではないと思うが

いや、、だから車というツールで引き離したのが問題でしょ…。
 普通は徒歩で追えるくらいにするよ。

・そもそも親は本当の事言ってるのかな?迷宮入り?

・世間体を気にしてる親が苦しんでるんやろか?
 置き去りなんて、そもそもなかったのかもね。

・でも、他の意味で苦しんでるかも。

・わずか5分で子どもが数kmも移動するのでしょうか?
 警察犬がにおいをたどれないのは?
 かばう意味が分からないし、これはしつけじゃないでしょ

だったら何で見つからないの?

・1番苦しいのは子供でしょ
 昔からそう思ってたけどこの人胡散臭い

・置き去りでなければ何なんでしょう?子供一人を残して車で移動してしまうのは置き去り以外何ものでもないですよ。
 時間や距離の問題ではないんです。置き去りの行為そのものが問題なんですよ!この方わかってるのでしょうか?

・親が置き去りにしなければ良かっただけの話。親が悪い

・夜回り経験からの理想論でしかない。
 体を張った教育がすべてではない。
 暗い山道で自分の子どもを降ろした結果が問題であり、しつけの方法は他にもあるはず。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>